円の押さえておきたい経済指標、ファンダメンタルズ

003

日本人がFXをする場合、やはりというか、日本円をからめた通貨ペアを選択しがちです。

これは、日本円が最もなじみ深いというのもありますが、FXではその国の経済状態を知ることが重要であり、となれば日本人にとって日本より詳しい国などあろうはずがありません。また、日本のFX業者の場合、円がらみのスプレッドが狭いという理由もあります。

では、日本円の価値に影響を与えやすい要因は、なんなのでしょうか?

実はあまり重要ではない日本の指標

通貨価値に大きな影響を及ぼすのはやはり経済指標で、当然日本の経済指標もいろいろとあります。ところが日本の経済指標はほとんどの場合、通貨ペアに与える影響はわずかでしかありません。実際に日本の指標発表時のチャートを見れば、円がらみのペアの価格はほとんど動いていないことがわかるでしょう。

これは何故なのかというと、日本の経済指標が世界からはあまり重要視されていないからです。FXは世界中で行なわれており、価格を動かすのは世界の耳目を集める情報でなければならず、残念ながら日本の指標はそのレベルに達していないことになります。

sozai_8503

重要なのは日銀がらみの情報

唯一世界にインパクトを与えられるのは、日銀が発表する金融政策についてです。特に金融緩和に関する発表は、とてつもない影響を及ぼします。

以前はこちらもそこまで注目はされていなかったのですが、アベノミクスで異次元の量的緩和を実施して以降、一躍脚光を浴びることになりました。俗に「黒田バズーカ」と呼ばれているそれは、1日に1円動かないことも多い米ドル/円を、数円単位で動かしたことでも有名です。

要人発言にも要注意

他では、政治家などの要人発言が注目されます。

先ほど金融緩和が注目されると前述しましたが、ある政治家が「追加緩和に関して話し合う」などのコメントをしただけで、円がらみのチャートが大きく動いたりするのが普通です。ただしこれは予期できない場合がほとんどで、要人発言で思惑と違う方向に動いてしまった場合は、不運と思って諦めるしかありません。

円がらみの通貨ペアが大きく動くのは、大抵もう一方の国の状況によるものです。日本の経済指標は朝を中心に時々発表されますが、あまり影響を考慮する必要はありません。

ただし、「追加緩和」という単語だけは、必ず留意しておく必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です