FXのテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の違いって何??

FXの世界は奥が深いものですが、その本質を突き詰めると、価格が上がるか下がるかを当てるだけという、とてもシンプルなものです。

だからといって、勘だけで売買をしていてはギャンブルと一緒ですし、到底勝ち続けられるものではありません。投資として利益を追求するならば、なんらかの形で予測をする必要があります。

そのために必要なのが、テクニカル分析ファンダメンタルズ分析です。

タイミングを計るテクニカル分析、大局観を見るファンダメンタルズ分析

テクニカル分析とは、チャートの値動きの特徴などを把握して、将来の流れを予測する分析方法です。エントリーとエグジットのタイミングは、基本的にテクニカルで判断します。

一方でファンダメンタルズ分析は、各国の経済に関連しそうなニュースを集めて、通貨の力関係を把握するためのものです。相場の大局観がわかるので、長期売買を行なう場合は必須と言えるでしょう。

この2つの分析方法はどちらも重要なものですが、やはり実際の取引で重視されるのはテクニカル分析です。これを知らなければ、FXはできないと言っても過言ではありません

099

テクニカル指標の組み合わせ

FXのチャートには、どれだけ値が動いたのかを示すローソク足が表示されています。そこにテクニカル指標と呼ばれるツールを組み合わせ、現在の相場がどういう状態なのかを把握するのが、テクニカル分析です。

しかしこのテクニカル指標は移動平均線をはじめとして数多くあり、最初はどれを選べばいいのか迷ってしまいます。ではどうすればいいのかというと、実際に表示させてみて、自分にとってどれが見やすいか、合っているかを判断するしかありません。

専門書などを読んでも、各書ごとに違うテクニカル指標が紹介されています。つまり、テクニカル指標の組み合わせに、絶対の正解はないということです。

難しいかもしれませんが、自分にとっての正解は、自身で見つけるしかありません。

027

ファンダメンタルは難しい?

もしあなたが、世界経済などに全く興味がないままFXを始めようとしたなら、ファンダメンタルズ分析の勉強はかなり困難なものとなるでしょう。

調べてみればわかることですが、経済ニュースは専門用語が特に多く、最初のうちは内容の半分も理解できないことはザラです。為替にどう影響を及ぼすのかを判断するとなると、更なる時間が必要となるでしょう。

だからといって、ファンダメンタルは難しいからパス、というわけにもいきません。無視できないだけの影響があるからです。

たった一つのニュース、要人のたった一言が、相場の流れを一変させることは珍しくありません。そこにはテクニカルを完全に凌駕するパワーがあり、知らなければ大怪我の元となります。

テクニカルもファンダメンタルも、最初は難しいかもしれませんがとても重要なものです。FXで成功したいなら、少しずつでもいいですので、必ず覚えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です