通貨の価値が変わる理由(為替)を学ぼう。

FXは、通貨ペアの変動によって生まれた差額を利益とする投資種目です。ではこの通貨ペアの価値はどのようにして、何が理由で変わるのでしょうか?

両国間の力関係で価格は動く

価格の変動理由は様々で一口には言えないのですが、最もシンプルに考えるのならば、両国間の経済状態の差を数値化したのが通貨ペアの価格であり、価格が変動したということは、この力関係が動いたということです。

難しい経済事情はわからなくても、最低限これだけは把握しておきましょう。

154

何を理由に価格は動く?

ではどんなことを理由に、この力関係は動くのでしょうか?

特に重要なのは、その国の経済状態です。

経済状態が良い国の通貨は人気なので買われやすく、結果価値が上がり、経済状態の悪い国の通貨は人気がないので売られやすく、当然価値は下がります。

例えば米ドル/円のペアの場合、アメリカの経済状態が良く、日本の経済状態が悪ければ米ドル/円の価値は上がります。これはわかりやすいですよね?

しかし大事なのは相関関係なので、例えば日本の経済状態が良かったとしても、アメリカの経済状態がもっと良ければ、やはり米ドル/円の価値は上がるのです。

なので、米ドル/円の取引をするならば、アメリカと日本、両方の国の経済状態を頭に入れておくと良いでしょう。

その他の要因

他に価格が動く要因として、政策金利が上げられます。

政策金利はその国の定めた金利のことで、外貨預金をされている方には常識でしょうが、金利の低い通貨を売って金利の高い通貨を買うだけで、その金利の差額を毎日もらえるのです。FXではこれをスワップポイントと言います。

そのため政策金利は為替にとっての重要なポイントであり、変更になった場合、通貨価値に与える影響ははかり知れません

sozai_10909

外国の経済状態を全部調べるなんて到底無理、と思われたかもしれませんが、そういう人のために経済指標があります。これは各国が決まった時期に発表する、特定分野の経済状況のデータのことで、前述の政策金利もこの中の1つです。

通貨ペアの価格は、投資家たちの思惑でも動きますが、その大本となるのはやはり各国の経済事情になります。価格変動がなにより重大なのがFXなのですから、その原因となる経済状態は、やはり把握しておく必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です