FXの注文方法~「成行注文」・「指値注文」・「逆指値注文」

151

さて、FXというものは、注文をしないことには何も始まりません。口座を作っただけでは、利子の付かない銀行にお金を預けているのと一緒です。

エントリー注文をして初めて、FXトレーダーは一歩を踏み出したと言えます。

必ず覚えておきたい3つの注文方法

FXでは、どこの業者であっても、様々な注文方法が用意されています。

それらをいきなり全部理解するのは困難なのですが、初心者であっても、最低限抑えておきたい注文方法が、

成行注文、指値注文、逆指値注文の3つです。

成行注文とは?

成行注文は、現在価格で注文するという、最も基礎的な注文方法です。大抵の場合、FX初心者はまずこの注文方法からスタートします。

特に難しい設定もなく、業者によってはクリック一つで行なうことができます。

成行注文のメリット・デメリット

成行注文のメリットは、やはり一番はわかりやすいこと。そして、自分の好きなタイミングで始める(終わらせる)ことができる点でしょう。

逆にデメリットとしては、手動なので自分が必ず操作できる状態でなければならない点が挙げられます。短期売買で、注文後にちょっと目を離していたら、思わぬ価格変動で大損した、なんて事態もありえない話ではありません。

 

指値注文・逆指値注文とは?

逆にこの2つは、自動形式の注文です。どちらも、自分の指定した価格になった場合に、ソフトが自動的に注文を行なってくれます。

では2つの注文の違いは何かというと、現在価格より有利な状態になった時に行なうのが指値注文で、不利な状態で行なうのが逆指値注文です。

例えば米ドル円のレートが100円だったとします。

しかしもし買うなら少しでも安く、と考えてしまうのが人間で、そうした思惑から99円まで下げたら買いたい、という場合に使うのが指値注文です。

逆に、価格が下がっているものを買うのは抵抗がある、という人もいます。買った後も価格が下がり続けてしまったら、損をしてしまうからです。

そこで、101円まで上がればその後も上がり続けるに違いない、と考えて行なうのが逆指値注文です。成行注文した場合に比べ利益は減ってしまいますが、上昇傾向の中で買えるという安心感が得られます。

指値注文と逆指値注文の応用方法

この注文方法の最大のメリットは、自動で注文を行なってくれる点でしょう。

為替相場は、基本的に常に動き続けます。かといって、人間が24時間相場と向き合うことは不可能です。

指値(逆指値)注文は自身が画面の前にいなくても、もっと言えばパソコンが起動していなくても、注文を自動でしてくれます。

利益目標に対して明確なビジョンが描けるのであれば、この注文方法は大変な助けとなることでしょう。

 

119

初心者はまず、成行注文で慣れていくのがおすすめです。その後、注文に対するプランが描けるようになったら、指値(逆指値)注文を試してみることで、取引の幅が広がっていくことでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です